カット野菜に栄養はあるのか?製造法・問題点に注目!

カット野菜は野菜じゃないと記事には書かれてありましたが、野菜は野菜ですよね?

キャベツをスライスしたものやにんじんやキノコ類などの野菜をカットしたものには間違いありません。それなのになぜ野菜ではないと言い切るのか?気になりました。

製造方法の消毒を繰り返した後は、もちろん何度も何度も水で洗浄します。野菜についた次亜塩素酸ナトリウムや塩素のにおいが、ついていたら食べられません。

そのにおいを消すために、何度も水で洗わなければいけないのです。野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多いので、殺菌剤液に漬けたり 洗浄したりするうちに流れ出てしまい、ほとんど何も残らないそうです。

たしかに野菜は、茹でたり炒めたりと調理方法によっても、栄養素が飛んでしまいますので残っているとしたら、食物繊維くらいだと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

カット野菜のメリット

カット野菜のメリット カット野菜は、一人暮らしの女性やサラリーマン、高齢者の間で人気となっています。一人暮らしだと、キャベツを1個、購入してきても食べきる前に野菜がしなびてしまったり、せっかくの鮮度が台無しになってしまいます。

その点、カット野菜なら鮮度が高い間に食べきることができ、無駄な廃棄もないことから節約志向にマッチしています。多少、お値段が高めに設定されていますが、廃棄ロスやカットの手間を考えお野菜を敬遠するよりも良い選択だと思います。

コンビニでも買える

スーパーなどでは、かなり前からカット野菜が販売されていますが、コンビニでも手軽に買えるのでかなり便利です。

野菜が高騰したときも、カット野菜なら少量ですからお求め安くなっています。 いまは野菜も長期保存ができる冷蔵、冷凍技術が発達しているので、1年を通して安定した価格で提供されれば、カット野菜の市場がさらに伸びることでしょう。

安全面などの問題点

お手軽な反面、手に入る野菜の種類がまだ少ないことがあります。これも市場の拡大が進めばどんどん増えていくことでしょう。

今後、1年を通して供給量や価格面が安定して、野菜の種類が増えれば利用者も増えるのではないでしょうか。 カット野菜の安全面も指摘されていますが、信頼の置ける販売ルートで購入されているなら、お刺身などと同程度には安全だと推測されます。

ただ一度でも問題が起きて、食中毒などがでれば信頼は一気に低下してカット野菜の市場が消えることになるので、業者も安全管理には十分に配慮していただきたいと思います。

パッケージに食べ方や、食べる前に洗浄が必要なのかなどの有無、加熱した方が良いか、賞味期限などのルールが業界で統一されれば、さらに手軽に利用がしやすくなるでしょう。

カット野菜の製造方法

カット野菜は、野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液やプールの消毒に使う塩素水に何度も繰り返し漬けて殺菌します。

そこまで消毒しないと、野菜の新鮮さが保たれず腐ってしまうからです。 次亜塩素酸ナトリウムというと、お風呂やトイレを掃除する時に使う洗剤のことですよね?

混ぜるな危険!と書いてあり、酸性の洗剤と混ぜると危険と有毒な塩素ガスが発生します。実際に塩素ガスで死亡事故が起きていて、窓を開けて使用などと書いてあるので、なんだか怖くて私は、よほどの汚れの時にしか使いません。

その怖いと思っている次亜塩素酸ナトリウムで殺菌したカット野菜を食べると、それと同じことが胃の中で起こるそうです。

次亜塩素酸が残留したままの野菜?が胃の中に入ると、酸性の胃酸と反応して塩素ガスが発生して、これが発がん性物質になるとも言われていると、私が読んだ記事に書かれていました。

今までカット野菜を買って食べていましたし、身体になんの変化もありませんが? 製造方法までは知らず…知ろうと思っていなかったのかもしれません。

カット野菜のことを考えてみる

母は、今日買い物に行ったら安かったから!と食材を山盛り買ってくるのでいつも冷蔵庫がパンパンです。そして全部使い切ることができないまま、腐ったり傷んだりして捨てなければいけないことになります。

同じ頃に買ってきたカット野菜は、色鮮やかで新鮮に保っているような気がするのは私だけでしょうか? カット野菜は、スーパーやコンビニの店裏で誰かがカットして店頭に出されている物ではありませんよね?

どこかの工場で作られたものがお店に運ばれてきて、売り場に並べられていると思います。作られてから、どのくらいの時間か経ったものなのでしょうか?

家に帰って、その日にカット野菜をすべて食べ切ることができなくても腐っていることはないです。他の野菜は、色が変わってきてしんなりしてくるのに…

私は1週間に1度だけ、ご飯当番なので食事の準備をしていますが、来週使おうと野菜をカットして、ジップロックに入れて冷蔵庫に入れていたら1週間持ちませんでした。冷凍室なら良かったのかもしれませんね。

でも、腐ってしまうのが野菜の自然な姿ではないでしょうか? なぜスーパーやコンビニのカット野菜は、いつも青々としてみずみずしい姿なのか?

私と同じように不思議に思った方もみえるのではないでしょうか? それは、カット野菜の製造方法がいつも新鮮に見せているのです。

カット野菜は便利!でも…

野菜を食べましょう!健康的な食生活を心がけて、野菜を食べることは大切だと言われています。

ダイエットや虚弱体質で体調を整えるのにも、誰もが良いと分かっています。 そして、食べる順序も始めに野菜から食べ始めた方がいいと言うので、母と一緒に実践しています。

最近、母はキャベツの千切りをするのが面倒なのでカット野菜を買ってくるようになりました。

たしかにカット野菜って便利ですよね! たくさんの野菜を揃えて切る必要もないですし、大きさも一人暮らしには丁度いいし、スーパーに行くと買っている人をよく見かけます。サラダ用や鍋物用やお味噌汁の具材用にも売られているので、カット野菜1つ買ってこればいいわけです。

普段、野菜不足だから…といって、カット野菜で間に合わせ野菜を食べた気になったりしていませんか? 私もある記事を読むまでは、野菜を摂った気になっていました。その記事によれば、カット野菜は野菜ではない!というものでした。

自分でキャベツを千切りして、ドレッシングなりマヨネーズをかけて食べるのなら、まだ野菜と認めましょう!と。 そこまで言い切る理由は、どうしてなのか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加