運動する前の1杯のコーヒーがダイエットに!

coffee-w_350.jpg

コーヒーがダイエットになると脚光を浴びています。その理由としては、コーヒーに含まれているカフェインには、皮下脂肪を燃焼させる作用があると言われているからです。

難しい理論は別としても、燃焼効果が期待できるなら運動前に飲めば、より効果的に痩せられると言えそうです。ただしカフェインは覚醒作用があるので、飲み過ぎれば夜寝られなくなったりします。妊婦さんなどは避けるのが良いとされています。

ですがダイエットの万能薬なんてありませんから、過度の期待は禁物です。あくまでも補助的に飲む程度が良いでしょうね。とくに寒い冬などは暖かいホットコーヒーで、体を温めてからウォーキングをすれば、より脂肪の燃焼にも良さそうです。

飲まない方が良いかも

反対にキンキンに冷えたアイスコーヒーを飲むと、内臓を冷やしてしまいコーヒーのカフェインによる脂肪燃焼効果の恩恵は、限定的になってしまうか打ち消される恐れがあると思います。

せっかく痩せるための補助に飲むのであれば、温かいコーヒーで飲むのがおすすめ。その時に、一口甘いおやつを食べてしまえば、無意味になるので止めた方が良いでしょうね。少しミルク(温めた牛乳)などを加えると、胃への負担も軽減されるのでおすすめ。

お休みの日は、活動量も低下するので摂取カロリーを抑えるためにも、朝はホットコーヒーを飲むか、週末プチ断食をすれば、体への負担も軽減されて良いと思います。私はこの方法で体重の維持ができています。

運動する前の1杯のコーヒーがダイエットになれば、とても良いことですね。ただし飲み過ぎても効果よりも副作用が大きくなるのでほどほどに。

コーヒーを飲んでも眠い人

コーヒーに含まれているカフェインで眠気が抑えられると言われていますが、効果はせいぜい数時間。しかも飲んで吸収されてから徐々にその効果も低下するので、運転していていも時間が経過すると、また眠気が襲ってきます。

寝てはいけない状況なら、適度に休憩を入れて新鮮な空気を取り入れるのも良いでしょうね。

それとお酒と同じで、遺伝によってはカフェインがあまり効果がない人もいて、飲んでも眠い人と全く眠れなくなる人もいるそうです。ダイエット効果も眠気防止の効果も過信は禁物ということでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告