栄養素が不足している本当の理由とは?

野菜は鮮度によって、栄養素がかなり変化します。収穫した直後からビタミンなどが減少していきます。また収穫した季節によっても、栄養素が異なってきます。季節外れにビニールハウスで育ててられた野菜と、路地で育てられた旬の野菜では露地栽培の野菜の方が、栄養素が豊富になっています。



また生産地によって、野菜の栄養素が異なることも知られています。たとえばゴーヤー、ニガウリは、沖縄で栽培されたものは栄養素が豊富なのは、太陽の日差しを豊富に浴びて栄養が高まったと推測されています。



調理法によって異なる


・生の状態

・ゆでた場合

・焼いた場合

・天ぷら

など調理法によっても、栄養素が異なりますので、自分ではしっかりと栄養素を摂取したつもりでも、実際にはかなり低い栄養素しか摂取していない可能性も高いのです。



不足している場合は、サプリメントなどで補うことも検討してみてください。ただし、栄養素の全てをサプリメントで補うことはおすすめできません。食品の栄養補助の目的で活用しましょう。


鮮度は時系列で低下


野菜は穫れる季節や調理法だけではなく、購入してからの保管方法や収穫からの時間によっても、かなり鮮度が低下して栄養素が減少します。冷蔵庫に保管していても、野菜が生きているだけで、どんどん鮮度は落ちていきます。



つまり旬ではない野菜を、適切な調理法によらなければ、栄養素はかなり少ない可能性があります。少なくとも本や教科書で書かれている栄養素は最大値だと思って、それよりもかなり少ない栄養素しか取れていないと考えるのが無難でしょう。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告